FC2ブログ

サモトラケのニケ

台風18号、かなりの威力ですね!

穏やかな気候を誇るここ関東平野は土浦でも、ものすごい量の雨が降りました。
今日は明け方から風も強くて、いまもまだちょっと強風気味ではあります。

が、

夕方になるとパア~っと晴れ上がり、
夕焼けは地獄のように美しかったです。

日本全国どこにお住まいであっても、みなさまに大きな災害が降りかかりませんよう
お祈りしております。



          **




さて、
大変お久しぶりの更新となります。

台風直撃の秋の三連休、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

こう急激に気圧が変わると、人間の体にもかなりの負荷がかかるものです。

疲れたら出来るだけムリをせず、サクッとやることやって
のんびりできたらいいですね(^-^)




          ***




秋ということで、久しぶりにアートな話題を。

かなり有名なこの天使像、みなさんご存知でしょうか?

ニケ像_convert_20130916173801

サモトラケのニケです。

大きく広げられた翼が美しいですね。

各国の言葉で表記するなら、
・フランス語: Victoire de Samothrace,
・英語: Winged Victory,
・ギリシア語: Νίκη της Σαμοθράκης


ニケ(NIKE)がナイキの社名の由来であることも有名な話です。
勝利の女神であること、
そして大きく広げられた天使の翼の優雅な力強さが決め手となったようです。

ナイキのロゴはこの像の翼をイメージしたものだと、言われています。


ニケ像は現在フランスのルーヴル美術館の『ダリュの階段踊り場』に展示されています。

ミロのヴィーナス像と共に、ルーヴルのツートップとして人気です。

像自体も素晴らしいものですが、私は階段から少しずつ見えるニケ像の感じが一番大好き。
ゾクゾクします。

今はネットでいろいろな角度の画像をみることができますので、
お時間がございましたらぜひ、ニケについて検索してみてください。



          *



ニケ像は1863年にギリシャ共和国のサモトラケ島で発掘されました。

発掘時はバラバラであったこの像でしたが、100点に及ぶ断片はフランスに送られ
修復が終わると1884年にルーヴル美術館に据え置かれました。

大きさは3mくらいあって、かなり迫力があります。

しかしなによりも人々の興味を惹く理由の一つに、
頭部がない天使(女神、といったほうがいいのかしら)像であるということが
絶対にあると思います。

完璧でないからこそ深い興味・関心を呼び起こす。

「美」というものの奥深さに畏れを感じ、
人のもつ想像力を刺激するのかもしれません。

あまりに強烈な存在感のため、これまで様々な映画やアニメなどのモチーフにもなりました。


こんなにも有名なニケ像、どうしていまさら取り上げるのかというと、
先週のニュースで、大きく報道されていたからです。

これからしばらくの間、ニケ像は大規模な修復のため一般公開ができなくなるという・・。

ついでにダリュの階段も長期の修復に入るとのこと。

残念ながらしばらくの間お会いすることはできませんが、
また元気に、さらに美しくなった姿がはやくみたいですね~(^O^)




          **




さてさて、アートつながりでもう一つの話題を!

しばらく前からすっごく気になっていたコレ(笑)

モナリザ_convert_20130916181123

あまりにも有名なこの作品。

レオナルド・ダ・ヴィチンチ作モナ・リザを現代っ子、しかも女子大生風にしてみた(笑)
というパロディ!o(^▽^)o

ぷぷぷっ( ̄▽ ̄)

人の印象は髪型七割、とはよく言ったもので、
髪型が違うだけでこんなにカワユクなっちゃうんですね?!
(^O^)


ちなみにこのモナ・リザは

「世界でもっとも知られた、もっとも見られた、もっとも書かれた、
もっとも歌われた、もっともパロディ作品が作られた美術作品」

だそうです!


芸術の秋、美術館や博物館に、いっっっっっぱい行きたいですね☆

とりあえず東京国立博物館へ仏像を見に行きたい。

行かなくちゃ!上野に!!
スポンサーサイト

メトロポリタン美術館展

世界最大規模を誇る美の殿堂、
ニューヨークのメトロポリタン美術館から133点の作品が
東京にやってきました!
(#^.^#)

本日は、上野散策ディと決め込みましたワタクシ☆


PA240566_convert_20121024195845.jpg

芸術の秋、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


ちょっぴり昭和の香りが濃厚な上野、結構スキです
(´∀`*)





はっ!(゚∀゚ ) 考えてる?!

PA240575_convert_20121024200508.jpg


上野駅 公園口から一歩外へ出ると、
美術館・博物館・図書館・・・
と、芸術づくし。

このロダン作・考える人も
国立西洋美術館のお庭に デーンと鎮座しております。



そういえばふと思い出しましたが、中学の頃、友人が

「考える人が何を考えてるのか、
ロダンが紙に書いて丸めてあのブロンズ像ンなかにいれたらしいよ!
だから、
あの像ぶっ壊さないと、何考えてるかは
わからないんだって!」

と、言っておりました。

え~・・ホントカナァ。

あれは都市伝説だったのか、ホントの話なのか・・いったい??





さて、ドキドキしながら東京都美術館へ!

PA240570_convert_20121024200026.jpg


リニューアルオープン後はじめて足を踏み入れます。

このMet展(Metはメトロポリタンの愛称)
わたくし初めての音声ガイドを申込みました。

入口で別途料金を500円払い、機器とヘッドフォンを借ります。

かなり本気モードだぜ!
(^ω^)



いざ、入場!


音声ガイド、予想以上に良いものでした。

それぞれの美術品の時代背景、モチーフの意味、作者について、
などなど、簡潔に説明をしてくれます。

どの作品も・・・ため息が・・・ほぅ・・
(・。・;


別に美術の専門家ではありませんので、多くは語りませんが。

ただ、やっぱり生で観るのはいいな、と思いました。

帰りにミュージアムショップで、気に入った作品のポストカードを買いましたが、

やっぱりきれいに印刷された作品は、
実際に目にした輝きがコンパクトにまとまっているだけで
ダイナミズムに欠ける気がしました。


もし許されるなら、人でも、音楽でも、美術品でも、
なんでもLIVEで触れてみたいものです。


絵画なら、
油彩など特に筆の動きがそのまま絵の具のなかに静止しているのを見ると
胸が震えます。

彫刻や工芸品なら、
指先の動きが作品のうねりとなって、
目の前に展示されています。

タペストリーなら、織りの一つ一つが浮き上がって迫ってくるような気がします。

歌も、会話も、直接の振動がからだを包みます。

その全てが一期一会の出会いです。

やっぱLIVEだよな!
と思う、ワタクシなのでした。




・・と、かなり集中して鑑賞しましたので、
ちょい酸欠気味に(+o+)

いっ、息が苦しい・・。
誰かライフセーバーを呼んでください!



ふふっ、自力でなんとかするしかないですね。
美術館をでて、公園内のスタバへ。

が、このスタバ、
「川崎大師の初詣か?!」
てくらいの混みよう!(;゚Д゚)!

なぜ??


そんなこんなで、
ようやく飲み物を手に公園でひとやすみ。


そのあとミュージアムショップでお買い物。

このミュージアムショップ・・
私にとってはかなりのデインジャーゾーン。
なぜなら、ついいろいろ買い込んでしまうからです。(反省)

気がつくといつも、かなりの枚数のポストカードを手にしてしまいます。

今日なんか、大仏の文鎮と、鳥獣戯画のハンカチ、
ゴッホのファイル、ピカソの付箋紙・・
などをカゴにいれてしまい・・・

ふと我にかえって

「ちょっと、ちょい待て。これ、ほとんどいらないよね?
なくても生きていけるよね??」

と自分に言い聞かせる(笑)

かなり自制のきく大人に成長しましたよ!(笑)


で、結局、私のあこがれ、大好きすぎるSTRANDのトートバッグを買って
ショップをあとにする。

PA240579_convert_20121024201023.jpg

STRANDはニューヨークにある老舗のブックストアです。
一日中いられるくらい、大好き☆



して、代々木上原の西光亭でくるみのお菓子をお土産に買い、
(いつ見ても箱のレトロ具合が泣けてくる。・・)

PA240571_convert_20121024200247.jpg




家族みんなではまっている はらドーナッツを袋いっぱい買い、

PA240577_convert_20121024200738.jpg


夕方のんびりと家路についたのでした(*´∀`*)


次回は国立博物館の「特別展 出雲」とか
「中国王朝の至宝展」とか
潜入したいですね。

来週は国立国会図書館国際こども図書館に行く予定です
(*´∀`*)






プロフィール

ぴろりん

Author:ぴろりん
図書館司書✿絵本アドバイザー✿保育士✿ボディセラピスト✿ピーター・ウォーカー公認ベビーマッサージ・ベビー&キッズヨガ講師✿AEAJ認定アロマアドバイザー/アロマインストラクター✿ホリスティックニールズヤードレメディーズPSアロマセラピー基礎クラス認定講師

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR