FC2ブログ

お世話になりました

今月の初めに、知人のお葬式に参列しました。

その方は、以前勤めていた図書館の上司で、
本当に、ほんとうにお世話になった方です。

これまでいろいろな場所で働いて、
たくさんの上司と出会ってきました。

就職したてで右も左もわからなかった頃、
根気強く社会について仕事について教えてくれた人もいました。

言葉で、行動で、背中で、教えてくれる人もいました。
ほんとうにたくさんの方から
多くを学ばせていただきました。

なかには、ハッキリ言って二度と会いたくないと思う方もいるし、
特になんの思い入れもない方もいる。

親しくなることはなくても、
「あの人の真似をしてみたい」
と刺激を受けた方もいる。

そんな方々の中でも、強く感謝の言葉しか思い浮かばないかつての上司が
先日いきなり逝ってしまった。

訃報を聞いたとき、まさかっと思い、ついで
ぼんやりしてしまいました。

まだ60そこそこで、
早すぎでしょ・・・。


一緒にお仕事できた日々の思い出ばかりが蘇ります。

仕事以外でも、度々心を支えていただきました。

今だから
冷静に思い出話として言えるけど、
まだ息子が小さかった頃、仕事をしたくても預け先が見つからず、
実母は入院するわ、家族は介護でボロボロだわ、
ぶっちゃけ預金残高五千円くらい、財布の中身は26円、
みたいな【実録】
見事にどん底だった時代があります。

当然おもちゃなんて何一つ買ってやれません。
絵本など贅沢品です。
どこへ出かければいいのか、毎日とくに行き先もありませんでした。

それでも人間なんとか生きていけるものだわなぁ・・
と、
つらさMAXになると、人間って笑うしかないんだなあって知った。

それでもやっぱり本が読みたくて読みたくて、
子供連れてこっそり図書館に通いました。

すると必ずそのかつての上司に見つかって、
ちょっとこっちおいで、と手招きされまして。

毎回ささやかな何かをくれます。

息子さんと遊んでね、と言って
おりがみとか、メモ帳とか、なにか綺麗な紙とか。
そんな心配りが嬉しくれて、ありがたくて、
一枚の折り紙を何度も何度も大切に使い回したものです。


私に何を聞くでもなく、私も特に深い話をすることもなく、
ただただ毎回
お互い笑顔で別れます。

仕事でキビシイ状況もあったはずだけど、
思い出そうとするとやっぱり笑顔しか浮かんできません。

遺影も笑顔、ご遺体さえうっすらと笑顔。

本当に笑顔の似合う、というか笑顔そのものみたいな方でした。

「笑顔がイチバン」とか「笑顔でなくちゃ」とか
そんな理屈ではなく、
自然と笑顔が浮かんでくるような人生にしないとソンだぜ、みたいな
そんなボールを無言で投げられた気がしています。




お葬式って、何度出てもいくつになっても辛いものですが、
今回はじめて思ったことがあります。

自分も、みんなも、喪服が似合うようになったなあ、と。

お葬式のような場所では、久々に合う友人・知人もたくさんいます。
今よりもっと若い頃は、みんなどことなく貸衣装みたいに
喪服がしっくりこなくて。

でもいつの間にか同世代のみんな誰もが、
すごくしっくり着こなしているんです。喪服を。
自分も、もちろん。

それだけ誰かを見送る機会をこなしてきたんだな、ということ
それから、自分たちがお葬式を仕切る年代になったんだな、ということ
実感せずにはいられませんでした。

なぜか
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の
『ニューシネマパラダイス』のアルフレードのお葬式シーンを思い出します。


どんな理由であれ死ぬっていうことは、それはそれで寿命なんだ、
という話を聞いたことがあります。

いやいや、そんな。
もっともっと一緒にいたかった、そう言いたい人が
この歳になると結構います。

亡くなった方たちに
「あとは任せとけ」
と胸張って言えるような大人になろうと思う。

天国で美味しいお酒たっぷり飲んで、のんびり見ててくださいね、
塚原さん。
スポンサーサイト



LIFE!

〇『LIFE!』
 原題:THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY
 監督:ベン・スティラー
 出演:ベン・スティラー
    クリステン・ウィグ
    ショーン・ペン
    シャーリー・マクレーン
 2013年 アメリカ映画

LIFE!①_convert_20140422131438


「生きてる間に、生まれ変わろう。」

この映画のキャッチコピーです。


          *


誰の人生にだって、かけがえのない瞬間がいくつもあるけれど、
主人公ウォルター・ミティには
そんな幸せがどこにあるのかさっぱりわからない様子。

ウォルターは雑誌「LIFE」の写真管理部に勤めています。
単調な日々の繰り返し。

さて、そんな冴えない男にも秘密の楽しみがあります。
それは、空想すること。

そうなんです、極度の空想癖を持つ彼の心の中には
いつも豊かでヒロイックな世界が広がっています。

ある日のこと、
「LIFE」誌の最終号を飾る表紙写真のネガがないことに気づいた彼は、
カメラマンを探す旅に出ることに。

飛行機、氷の海、ヘリコプター、サメ、大草原、見たこともない山々、
野生動物・・・
頭の中の世界ではない、これは自分の外側に存在する本物の世界。
これこそ、人生からの贈り物でした。

意を決して日常を飛び出したウォルターのなかで
何かが確実に変わり始めます。

冒険は生涯忘れえぬ輝かしい体験をもたらし、
人生のすべての瞬間が幸福に満ち溢れていることをウォルターは知るのでした。



          *



本作は1939年に雑誌「ザ・ニューヨーカー」の編集者である
ジェームズ・サーバーによって書かれた短編
「虹をつかむ男」が原作となっています。

「虹をつかむ男」はダニー・ケイによって過去に映画化されたこともありますが、
この『LIFE!』では
スティーヴン・コンラッドの脚本を元に
現代版というかオリジナルに勝るとも劣らない世界観を構築しています。

「誰の心にもヒーローの心臓が脈打っている」
と、コンラッドは言っていましたが、
主人公のウォルターだけでなく
ほんとうに誰の心にもヒーローの心臓があるはず。

だって、ふと気づけば
誰かを守りたい、冒険したい、と思っていることありますよね。

『LIFE!』では、そんな「ヒーロー」の鼓動と共に旅をします。
ウォルターの鼓動と自分の鼓動がハーモニーを奏でることに気づいた人から
冒険はもう、始まっています!


自分は
もぅ上映中ずっとニヤニヤしてました。
大人になることは素晴らしいことです。
一日歳を重ねるごとに、宝物が増えていくということを教えてくれる作品です。

テンポも音楽も申し分ない。
なにより伝説のカメラマン、ショーン・オコンネル役の
ショーン・ペンの存在感が圧倒的。

LIFE!②_convert_20140422131459

脇を固める俳優陣も、
人気コメディ女優クリステン・ウィグ、
アメリカが世界に誇る名優シャーリー・マクレーン、
(さすがの貫禄)など
映画好きにはたまらない布陣です(*゚∀゚*)





また、「LIFE」社の社訓がスゴイんです


TO SEE THE WORLD
世界を見よう

THINGS DANGEROUS TO COME TO
危険でも立ち向かおう

TO SEE BEHIND WALLS
壁の裏側をのぞこう

TO DRAW CLOSER
もっと近づこう

TO FIND EACH OTHER
お互いを知ろう

AND TO FEEL
そして感じよう

THAT IS THE PURPOSE OF LIFE!
それが人生の目的だから




作中にデビッド・ボウイの「スペース・オディティ」(宇宙の不思議)が流れた時から
(この曲はウォルターの背中を押す重要な鍵となります)
ロックな魂を感じる映画でしたが、
最後まで文句なしにおもしろかった。

人生の幸福について、
メーテルリンクの「青い鳥」や
パウロ・コエーリョの「アルケミスト」を彷彿とさせる思いが
ずっと低音で流れているような映画でした。

日常、責任、逃避、夢、過去、未来、冒険、理想、現実、
愛、家族、恋人、親子、仕事、旅・・・

『LIFE!』には人生の全てがギュッと詰まっています☆



          *



私ごとで恐縮ですが
(って、このブログ全部が私ごとですよね~ぇ)

誕生日なんです、今日(//∇//)
今日という日に映画の話、しかも『LIFE!』について書けたこと、
すごい幸せ☆

世界中の同じ日に生まれた皆さま、おめでとうございます!
どんな一年にしようか、今晩ケーキ食べながら考えようと思います
(*´∀`*)

しかし よくよく考えてみれば、
今日がたまたま自分の誕生日だったというだけで、
ほんとうは毎日がどこかの誰かの誕生日、なんですよね。

そう考えると、自分が知らないだけで
いつも世界のどこかで
誰かの誕生を祝福する出来事が起こってるんですね。

ほんとだ、
毎日は輝きに満ちている☆

多摩動物公園

二日目、早起きして多摩へ出発!

昨晩泊まったホテルは小さめのビジネスホテルでしたが、
朝食がビックリの美味しさ!
スタッフも温かな方ばかりで
感激しました(*´ω`*)

朝ごはんが美味しいと一日が気持ちよくスタートできますよね。


で、意気揚々と駅に向かう途中、
なんとヒールがスコーン!と壊れてしまいました!
Σ(|||▽||| )

早足で歩いていたら、石畳にヒールがはまってしまったみたいで。
履きなれた一足だったから、ちょっとショボン(´д`)

仕方なくまたラゾーナ川崎に行き
慌ててフラットシューズを買いました。

2Fの靴屋さんがとっても親切で嬉しかったです。
アスビー!また行くからね☆



          *



京王線を乗り継いで、いよいよ多摩動物公園へ!

CIMG0257_convert_20140422131300.jpg

わたし、京王線って大好きなんです。
沿線に住みたい。
高幡不動あたりとか、かなり好きです。
立川あたりとかも好きです。

小田急線も好きだけど、やっぱり京王線の沿線とか多摩方面が
かなり好きです。

なのに多摩動物公園には一度も来たことがなかったんですよね~。

今回は息子にせがまれたという理由もありましたが、
実際は自分も来たかったんですよね~(笑)

で、多摩動物公園です。

行ってみてオドロキ(;゚Д゚)!
ひと目で気に入ってしまいました。

山の中にある楽園のような場所でした。

園内は坂も多いし、かなり歩くので
スニーカー買っといて良かったなぁ~と、思いました。

いくら履きなれていても、ヒールじゃキツかったでしょうね。
これぞ!塞翁が馬!
災い転じて福となす!
七転び八起き!・・ってこれは違うか(笑)




たくさん歩いてお腹もすいて
CIMG0246_convert_20140422131233.jpg

お昼です
手前のシマシマは「レッサーパンダのしっぽ」という売店イチオシのホットドックです。
美味しかった(*´ω`*)

時期的に桜も散りだして、山も緑も何もかもが
春先独特のホワ~っとした輪郭で、
ご飯も美味しくて、みんな笑顔で、とても幸せな一日でした
(*^_^*)



          *




さて茨城に帰ります。
行きとは違って帰りは一人家族が増えました。

コロ助です
CIMG0439_convert_20140422131105.jpg
(等身大)

「荷物」だとか「ジャマ」だとか言うと
息子に蹴られます(涙)

前日の藤子・F・不二雄ミュージアムで買いました。
てっきりドラえもんを買うのかと思いきや、
予想外のコロ助なり。

この二日間、息子にニッコニコで連れ回されたこの子、
結局帰りに持つのは、私です。
・・・やっぱりか(^_^;)


また行きたいな!多摩!!

藤子・F・不二雄ミュージアム

いやぁ~、
夏のように暑い日があるかと思えば
ブルブルふるえてダウンを着なくちゃ、みたいな日もあり
春先って本当に疲れちゃいますね(>_<)

みなさまお元気にお過ごしでしたか?

さてさて、だいぶ更新が滞ってしまいゴメンなさい!

ほんとにね、毎日なにかとバタバタしちゃってます
( ̄▽ ̄)



          *




先週末、
行ってきました川崎へ!

プチお泊り大好きです(^-^)

一日目は、朝から念願の藤子・F・不二雄ミュージアムへ!

土浦から一気に登戸まで行き、
駅前のミュージアム行きバスに乗る。

CIMG0146_convert_20140422130918.jpg

絵柄の異なるバスが何種類か走っていて、
我々親子が乗り込みましたのは「パーマン」バス

車内は椅子もつり革も、ピンポーンって押すボタンも
すべてパーマン模様。

いきなりテンションが上がりました~(^O^)


ミュージアムに着くと、ほどほどの混み具合。

夢いっぱいの展示室、おひさまポカポカの原っぱ、
「あの」土管、どこでもドア、もしもボックス・・・

多分私の方が子供より
騒いでいたことと思います(๑≧౪≦)




お昼はミュージアムカフェへ

CIMG0164_convert_20140422130942.jpg

ジャイアンのカツ丼!(((o(*゚▽゚*)o)))!

いろいろ食べてみましたが、どれもかなり美味しかったです。
高いだけかと思いきや、お味もサービスも心にくいばかり☆

完食すると嬉しいおまけが・・・

CIMG0166_convert_20140422131002.jpg

丼の底、見えますか?
心の友として認めてもらえました!
(*≧∀≦*) ヒャッハー!!


館内には「Fシアター」でしか見られないオリジナルの藤子作品が上映されています。

そのシアターの、驚くべき仕掛けに、カンペキ驚いて
私は思わず号泣してしまいました・・。


「会いたくなったらまた来てね!」

と、ドラえもんたちが手を振る看板に手を振り
再会を心に誓いつつ川崎へと向かいました。

また行きた~い☆



          *



さてさて、夜はラゾーナ川崎にて行われるBIGイベント!

でもね、当選したって小躍りしてましたが
当選メールの確認もなく全くノーチェックで会場に入れました。

「???」

とにかく、人!ひと!!ヒト!!!

私は1Fのアリーナゾーンみたいな場所に案内されましたが、
上の階まで満杯でびっくりしました((((;゚Д゚))))

で、時間から少し遅れてイベントがスタート。

向かいの高いビルに巨人が登場。
主要なキャラ達が立体機動装置で応戦!

リヴァイ兵長が登場するたび会場から地響きみたいな絶叫が起こって
(°д°)ビックリしました

音もおっきくって「やースゴイですー」
と思っているうちに、
「え?終わりかい」
あっというまに終わっちゃった。

10~15分くらいでしたかね。

にしても、実際に巨人が出現したら
ほんとにあのビルくらいの目線だろうなと
しみじみ実感できたイベントでした。

息子いわく

「ウルトラマンとおんなじくらいだし、だいじょうぶよ~」

・・・?

え、なにが大丈夫なんだろう?(笑)



          *



そのあとも川崎にちょっと用事があったので
ラゾーナ川崎のなかのパスタ屋さんで夕食を食べて
ちょこっとお買い物をして
ナムコで遊んで、楽しくて平和な一日が終了したのでした
(*´ω`*)

巨人に会いにいく

みなさんこんにちは!

昨夜からの雨で、庭の植物もしっとりとしています。
これでまた晴れたら、ぐんぐん緑が増えることでしょう
(*^_^*)


          *


唐突ですが!
来週、巨人に会いに行ってきます。
(^-^)
巨人といっても読売ジャイアンツではありません(笑)

そうそう、
2年くらい前に家族で東京ドームへ行きまして。

巨人戦を観に行ったんですが、その時おもしろいイベントやってまして、
なんと
会場内のいろんなところにウルトラマンがいるんです!
マンとか父とか、ゼロとか。

握手したり、一緒に写真を撮ったり、抱っこしてもらえたり、
もぅ息子は狂喜乱舞しておりました。

「光の巨人」(ウルトラマン)と
「野球の巨人」(ジャイアンツ)をかけての
コラボ企画だったんでしょうね。

試合中でも廊下や売店をウロウロして、
いろんなウルトラマンを見つけては握手しまくり。

席に付けば野球がライブで見られて、
外をうろつけばウルトラマンに会えるとゆー・・・

まさに大好きづくしのパーリナイツ☆

なので今回
「巨人にあえるヨ」と声を掛けたところ、息子は

「えっ、またとうきょうどーむ?」と満面の笑み(笑)

まさか喰われる方の巨人だとは、
まだ気づいておりません。うぷぷ(^-^)


さて、
話ちょっとそれましたが、そうなんです、巨人に会えるんです~。

というのも、
何度もしつこく抽選に出していたイベント
「進撃の巨人プロジェクションマッピング」
当選したから!!

やっっっったぁぁぁぁぁ~!(((o(*゚▽゚*)o)))!

大好きなんです、『進撃の巨人』が。

進撃の巨人_convert_20140403152651

コミック最新刊ももうすぐ発売だし、いつの間にかすごい人気でましたね。

さて、この度めでたく当選しましたイベント、
これはですね、あの超大型巨人がなんと”実物大”で出現!
という企画です。

じっ、実物大??
ほんとかっ?!(;゚Д゚)!

調査兵団の面々も空を舞う!
という前評判。

会場はラゾーナ川崎です。

実際の建物に映像を写し込み、様々な風景や形を創りだす
最近なにかと話題の
「プロジェクションマッピング」

この最新映像技術を駆使して川崎の町に巨人が映し出されます!

う~・・すごい楽しみ☆

ラゾーナ川崎も久しぶりだし、春休みどこにも連れて行けなかったので
息子も連れてちょっと遊びに行ってきます
(^O^)

せっかくなのでお泊りもして、
藤子不二雄ミュージアムや動物園なんかも行こうと思います。

来週は川崎に巨人が出現!
タガミも出現!

です!!( ̄▽ ̄)
以上!

みんつくマガジン

みなさんこんにちは!

これだけ暖かくなったのだから、もぅダウンはいらないな、
と思って
厚地のコートやダウンをクリーニングに出しました。

すると なんてこったい
今日は少し肌寒く
明日から週末にかけては思いっきし寒いんですってね?!

う~・・・お出かけは重ね着だな(ーー;)



          *


さてさて、ウェブサイトで展開していた「みんつく」が
楽しい情報誌になりました。

その名も「みんつくマガジン」☆
P4011516_convert_20140402170819.jpg

創刊号は先週から配布が始まっています。
FREEマガジンなので、見つけたらお気軽にご利用くださいね。

コラムニストの紹介コーナーに、
恥ずかしながらタガミの記事も掲載されています
\(//∇//)\

そういえばお店もそろそろ開店して一年。

おかげさまで無事に一周年を迎えることができそうです
(*^_^*)

特別な準備はしていないのですが、
このたび発行された「みんつくマガジン」に
ささやかなクーポンをお付けしました。

よろしければぜひご活用ください!
プロフィール

ぴろりん

Author:ぴろりん
図書館司書✿絵本アドバイザー✿保育士✿ボディセラピスト✿ピーター・ウォーカー公認ベビーマッサージ・ベビー&キッズヨガ講師✿AEAJ認定アロマアドバイザー/アロマインストラクター✿ホリスティックニールズヤードレメディーズPSアロマセラピー基礎クラス認定講師

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR