FC2ブログ

オオカミの護符

○『オオカミの護符』
 小倉美惠子/著
 新潮社 刊
 定価:1500円+税
(ISBN:978-4-10-331691-6)

オオカミの護符_convert_20130621164807


わたし、山登りが大好きなんです。

学生時代はワンゲル同好会に入って、時間さえあれば
仲間と一緒に山ばっか登ってました。
(スキーも含む!)

バイト代のほとんどが、登山と本代に消えていきました
(/ω\)

山が私に教えてくれたのは、アウトドア的な楽しみだけではありません。

自然のなかに飛び込むことで知った
驚き、発見、初めて知る畏れ・・。

そんな山へのあこがれは、
いつしか民俗学的探究心へと発展していくことになるのです。



          *



あまりに個人的なことなので割愛いたしますが、
もう長いこと・・・そうだな四半世紀くらいの間
私は「あること」についてかなり深く考えていました。

考えてもまったくわからなくて、
調べることにも限界があって、
かと言って捨て去ることもできず、
ならば疑問は疑問のまま、しばらく寝かせてみようかな

そんな思いで日々を過ごしてきました。




           *




さて先日のこと。

ふらりと入った書店で、ふと目に止まったのがこの一冊。
民俗学の棚に、ひっそりと陳列されていたこのタイトルに
私は釘付けになりました。

胸の奥の深いところに ずっと眠っていた
「ある思い」が目を覚ましたような気がしました。



           *
 


この本は、
ひとりの女性が自宅の一角にある土蔵で「あるもの」を見つけたことから始まるドキュメンタリーです。

それは

護符_convert_20130621164836

コレ



「この御札はいったいなんだろう?」

この素朴なひとつの疑問が、
世にも美しく貴重な旅の記録を生み出すことになります。

旅の始まりは
神奈川県川崎市宮前区土橋。



日本の近代化に伴い約7000世帯もの住民を抱えるほどに発展した川崎市。
今や首都圏の「住みたい町」トップテン圏内に挙げられる人気エリアとなりました。

土橋は元々50戸あまりの寒村でした。
著者である小倉美惠子さんは、この地で生まれ育ちました。


小倉さんは「オイヌさま」と称されるこの御札の正体を探るうち、
これは祖先の魂を追いかける旅になる、と直感します。

小倉さんの熱意が磁力となって、
たくさんの協力者に恵まれたこの旅は
民俗学的にも大変貴重な記録を残す結果となりました。

山岳信仰というものの源流、古代から連綿と続く人間の営み、
その真実を理解する鍵がこの
「おイヌさま」の御札にありました。

見たこともない古代~近現代までの風景、
会ったこともないご先祖さま

本書には
古いものへの思いが
深い愛情と尊敬の念を持って描かれています。

それは
郷愁を呼び覚ますことにとどまらず、
未来をも左右する大きなうねりとなって胸に迫ってきます。

宗教的な信仰ではなく、自然と静かに頭を垂れるような気持ちで
生きるために生まれた「信仰」というものが
この本には満ちあふれています。

その記録は本書と並行して映像作品としても形を成しました。

映像の方は私もまだ見ていないので、近いうちにぜひ入手したく思っています。




          *





川崎やその周辺、多摩地区あたりは、
子供の頃から私にとってもなじみのエリアです。

親戚が住んでいるということや、
奥多摩・丹沢あたりにアタックを賭けるときに通るということもあり、
そんな理由もあってか
自然と足を向けることが多い土地でした。

けれども、単純に好きというだけでなく、
ある種の「畏れ」を感じることもよくありました。

川崎は
考えてみればなんとも独特な場所です。
都内と山岳地帯の境目のような。
街でも山でもない、そんな中間地点的な感覚が昔からあります。

その疑問ともつかない独特の感じ、その理由が
この本を読んでよくわかりました。

「還りたい未来」と、この本を評した方がいらっしゃいます。
その言葉がまさにピッタリ。

読んでるとき、私はずっとドキドキして
いろんな思いが氷解していくのとともに胸があたたかな「なにか」でいっぱいになりました。

永いこと胸の奥にあった「あること」は
新しく生まれた「なにか」として心地よい居場所を見つけ、
私の一部となりました。


強く求めて頭がいっぱいだった時ではなく、
「いま」だからこそ理解できることがあったのでしょう。

ほんとに良い本を見つけたなぁ、と思っていたけれど
きっと本の方が私を見つけてくれたのかもしれません。

そんな幸せな出会いが誰にでもきっとあると思います。

これまで読んだ本のベスト3に入る良書でした(^ω^)







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/22 09:07)

川崎市宮前区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴろりん

Author:ぴろりん
図書館司書✿絵本アドバイザー✿保育士✿ボディセラピスト✿ピーター・ウォーカー公認ベビーマッサージ・ベビー&キッズヨガ講師✿AEAJ認定アロマアドバイザー/アロマインストラクター✿ホリスティックニールズヤードレメディーズPSアロマセラピー基礎クラス認定講師

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR