FC2ブログ

エネルギーをためる

福豆堂からのお知らせ・営業日についてはこちらのホームページをご覧ください
(^O^)
http://fukumamedo.com/


          *


みなさん、
「エネルギー」や「気」って何でしょうね。

どちらも明確に目で見ることは出来ませんよね。
でも、確実に存在するものです。
これ、オカルトでもスピリチュアル的な話でもありません。
ガチ。
そしてそれをしっかりと意識することは、セラピストにとって
すごく大切なことなんです。

なぜなら、
「気」を整えることこそがボディケアといったリラクゼーション行為の目的だからです。
「気」を整え、クライアントの「エネルギー」充填のお手伝いをし、
自身の身体の声に耳を傾ける機会をお届けするのがセラピストの仕事です。

「血」の流れは「気」の流れと言います。
そうなんです「エネルギー」や「気」は血液・血流に乗って体の中を流れています。
なので、
血行が悪くなったり、体が凝ったりむくんだりといった症状が出るとき
それは同時に「気」の流れも滞るということです。
当然「エネルギー」もダウン。

だから、みなさんも血行が良くなるように
出来る範囲で体を動かしたり、お風呂にゆっくり入ったり、
そしてそれを習慣にできるようにして
ご自身の体の「気」を整えることを意識してみてください。ぜひ!

マッサージで体の不調を取り除くということは、
「エネルギー」や「気」を整えることと同義なのです。
気のせい、気づき、気配、気力、元気、気合、勇気・・・
日々の体調や精神状態を表す言葉には「気」がたくさん詰まっています。

アントニオ猪木も言ってるし。
「元気があればなんでも出来る!」



          *



マッサージにもそれぞれに意味や目的があって、
いらっしゃるお客さまに合わせたメニューをご相談・ご案内しております。

衣服の上から行うボディケアは、気軽に安心して体調を整えることができますし、
肌の上から直接行うオイルケアは、体と心のより深いところまで整えるという特徴があります。

体の疲れや痛みが、体の疲労だけによるものなのか、精神の疲弊によるものなのか、
お客さまのお話しを聞き、体に触れながら慎重に見極めていきます。

たいがいは心と体の疲労が絡まり合って身体に症状が表れるのですが、
どちらの疲労がより深刻か、どちらを取り除くことがその方にとって有効か、
毎回すごく考えます。
そしてその方に合ったケアコースをコーディネートします。



          *



よく聞かれるのが
「毎日人をマッサージしていて、タガミさんは疲れないんですか?」
です。

体はそれなりに鍛えて毎日メンテナンスしていますから、みなさんが思っているより疲れません。
普通に外で働いていた時と、疲れ具合はだいたい同じです。

でも人間ですから、普通にちょっと体調が良くない日や、気分が優れない時もあります。
だからといって、ケアを楽しみにいらしてくださるお客さまに
今日は気分がのらないので定休日で~す、なんて
言えない。絶対言っちゃダメ!(>_<)
これ、プロのセラピストはみんな同じ!

(でも、数年前に一度だけ、気分がのらないとお伝えして断った知人がいます。
めったに会えないその人のことが私は大大大好きだから、ホントは会いたかったけど。
その時私は、親しい知人を亡くしたばかりで、どうしてもやる気がでなくて。
その友人も忙しい人で、ようやく予約してくれたのに。
でも結局お仕事の都合で来られなくなって、
後日、
「いやー、実は私いまやる気なくて。結果的にキャンセルもらって助かったわ!」
と正直に笑い混じりに言ったら、
「お前はプロじゃない」と言われました。
キツイ言い方ではなかったけど・・こたえました。
私にとってわりと黒歴史。あんまり思い出したくないけど、その人には
いつも感謝しています。あの時は、ごめんね。)

このカッコ部分は、ひょっとしてその友人がコレを読んでいたら・・
の場合に備えた、私信です。
失礼しました。



さて、
ほとんどのお客さまが当然ながら心身に疲れを抱えて来店なさいます。
私はお医者さんではありませんから、「治す」という行為は出来ません。
でも、先述したように
「気」と「エネルギー」の状態を整えるプロとして、知識と技術の向上に妥協はしません。

先日
アロマセラピーの師匠から改めてエナジーホールドの方法を教えていただきました。
これは、セラピストが施術前に自身のエネルギーを整えておくためのエクササイズ。
数分行うだけで体がポカポカして、手の平にビリビリと電気がはしってきます。
その状態をキープしながら施術に入ります。

いつもお客さまから
「手があったかいですね~」と言われますが、それはクマムシのせいではなく
このエクササイズのおかげだと思います。

クライアントの「気」つまり血流を様々な筋肉へのアプローチを踏まえながら整えていくわけですから、
私自身の「気」もしっかりと整った状態でなくてはなりません。
そしてクライアントから受けた「滞り」も、上手に捨てなくてはなりません。
それには、施術前にがっちりと自分の「気」を満タンにしておかなくてはいけません。

その部分をすっ飛ばしたり、軽くみてケアに向かうと、
大変なことになります。
何よりも、クライアントさんに満足のいくケアができないのです。
これは一番気を付けないといけないこと。

だから施術のテクニックや人体知識と同じかそれ以上に
エネルギーのコントロールは、超超ちょ~大事なのです。
その点すごく気を配っています。
ヨガやストレッチは血行も良くなるし、やればスッキリするし、体調管理にも有効ですが
このエネルギーのコントロールという点にも意味をもった自己メンテナンスです。



          *




まー、こんな風にですね、アツいセラピスト論を言っちゃてる私ですが、
新人の頃は何度もやらかしましたよ。

新人ならではのいろんな失敗もありましたが、
エネルギー充填や自己バリア的なコントロールをよくわかってないことで
何度も悲劇(笑)がありました。
はっ(>_<)笑い事じゃないけど・・・。

たとえば、
施術しているうちにどういうわけか涙が止まらなくなり、
自分でも気持ちのコントロールができなくなって失速してしまい、
何度も鼻をすすってしまうということが続いたんです。
想像してみてください。
施術中にセラピストがブビーッって鼻かんでたら、お客さんみんなイヤですよね
(>_<)
結局そんな時は「花粉症がひどくって・・」という理由でご容赦願って
鼻かませてもらったんですが。
(シーズンによっては鼻炎とか)
私は花粉症ではないので、結果的にウソついちゃったことになるけど(罪悪感max)
あぁ、あの頃のお客さま、みなんさんごめんなさい!

で、
そんなときは、お客さまからだいたいこんな風なカミングアウトがあるんですよ。
施術が終わってお会計の時に
「実は先週彼氏と別れてしまって」
「飼っていたネコが死にまして」
「仕事で失敗を・・」

あ~・・と思いましたよ。毎回。
先輩方から、叱れました。
タガミさん自己管理出来なさすぎ!って。

それから、同じクライアントが毎晩夢に出てきたり、
その人と全く同じ夢をみるってケースもありました。
道でばったり会うことが増えたり、ということもありましたね~。
お腹痛くなったり、頭痛くなったり、なんてことも。

セラピスト続けてるうちにだんだんわかってきたんです。
体調管理の問題だけでなく、無防備すぎたんだなと。
無意識ではありましたが。
クライアントの心情に同調しすぎなんだと。
血流を整えるということは「気」を動かすということ。
だから私は無意識のうちにクライアントの「気」に同調してしまい
同時にモロ被りで引っ張られて、負けていたんだなと。

クライアントと私の「気」がうまく合わないという時もあります。
施術が進めば進むほど、なんというか、こう、
アラビックヤマトのりに手を突っ込んでグルグルかき回しているような、
沼の中でスキューバダイビングやってるみたいな、
とにかく
全くすっかり、うまく噛み合わないんですね。
それはすべて自分の未熟さが原因です。
それって、自分の体もキツイけど、なによりもクライアントにも失礼でした。
技術の問題よりも深刻といっていいかもしれません。

くり返しますが
これ、超能力でもオカルトでもスピリチュアルでもないですからね!
科学的、生理学的に結構あるらしいんですよ、こういう仕事してると。

で、
ようやく自分でも自覚が湧いてきて、それからいろいろ勉強しました。
そして今も学び続けています。
独り立ちをしたことで
これまでのようにすぐ仲間から指摘を受けて助けてもらう機会が減りますから、
より気を配って高い意識を持ってやらないといけません。
だから今ではすっかり、そのあたりの理解も深まってきたので
以前のような形の失敗はしません。

でもですね~、
自分の体調が本気で悪い時とか、危険ですね。
そんなときは思い切ってマッサージの仕事はしません。
だから出来るだけそんなことがないように、自己メンテは手を抜きません。

それでも、それでもっ、
そこまで気をつけていても失敗することがあります。
それは・・・友達をケアするときです。
つい最近、久々にモロ被りしてしまいまして・・。
自分を強く、戒めています(T ^ T)

いつもなら
たとえ友人知人であっても、ケアの時はプロとして人格変わるのですが、
つい、そうなんです、つい!
気が緩んでエネルギーホールドなしにケアに入ってしまったんですね。

案の定私はその晩高熱がでで、2日間寝込みました。
とても深い悲しみを経験した友人だったんです。
しまった!と思ったときはもぅ遅かったのでした。大失敗。

改めて
戒めのために、いつもいつも心で繰り返す、
私の仕事における座右の銘をここに刻んでおこうと思います。

「プロフェッショナルとは、気分ののらない時でも
最高の仕事ができる人のことである」
             アリストア・クック(ジャーナリスト)




          *




まぁですね、
こんなにアツく真面目に自分のプロフェッショナル論語ってますけれども、
どのセラピストもプロとしての意識の高いスタッフは多かれ少なかれ
同じような経験を積んで、同じような心情でいるんじゃないかと思います。

もちろん私よりもっともっと精進しているセラピストさんもたくさんいます。
互いを尊敬しつつ、一生勉強です。


体調管理には妥協しない、とか言いつつ
今日は朝からお菓子食べすぎました。

ベジップス。カルビーの。
最近ハマってしまって・・・。すごい美味しいんだもん。
知ってます?ホントに旨い♪
いまふた袋目ですね。
え?食べ過ぎ??
これねー、ひと袋がちょびっとしか入ってないんですもの。
スナック菓子とかあんまり食べないし好きでもないのですが、
このベジップスは違う。止まらないです!
体大事にしつつ、食べ続けますわよっ!
ほほほ・・・(  ̄▽ ̄)

「気」の充実には結局何よりも
笑いと適度なアホさ加減が大事かもしれません!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぴろりん

Author:ぴろりん
図書館司書✿絵本アドバイザー✿保育士✿ボディセラピスト✿ピーター・ウォーカー公認ベビーマッサージ・ベビー&キッズヨガ講師✿AEAJ認定アロマアドバイザー/アロマインストラクター✿ホリスティックニールズヤードレメディーズPSアロマセラピー基礎クラス認定講師

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR